2007年10月15日

胎児から生後半年

男性ホルモンは、胎児として母親の胎内にいる頃からすでに活発に活動しています。
妊娠6週目から24週目に掛けて、生後2週間から6ヶ月にかけて男性ホルモンが活発になります。
陰茎や男性外生殖器の形成、脳の性差、発達に影響を与えるといわれています。
posted by 男性ホルモン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。