2007年12月15日

抑制する

男性ホルモンは生きていく上で必要不可欠ですが、増えすぎると悪影響を及ぼします。
男性ホルモンは薄毛や脱毛の原因の一つになってしまうのです。
ですから、男性ホルモンを抑制するためにさまざまな育毛剤などがあります。
posted by 男性ホルモン at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 抑制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

脳・精神面

男性ホルモンは「生きるための活力」「生気」「気持ちの張り」などバイタリティを高める作用があるといわれています。
男性ホルモンは男性だけではなく女性も分泌します。
前向きに生きるためには必要不可欠のホルモンなのです。
posted by 男性ホルモン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

性欲・性衝動

性欲や性衝動も男性ホルモンの働きによって起こります。
フェロモンを発生し、ドーパミンを増やします。
さらに、骨盤神経に作用し、勃起を起こしたり、男性がセックスを行う上で必要な「興奮」「勃起」などを次々と起こさせます。
posted by 男性ホルモン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

骨格と筋肉

男性ホルモンは、筋肉量を増加させる働きもあります。
思春期に球に背が伸びるのは成長ホルモンと男性ホルモンが関係しているといわれているそうです。

そして、わずかですが、男性ホルモンには、塩分などの尿の排泄を抑制する働きもあるので、血圧を上げる可能性もあります。
posted by 男性ホルモン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

思春期

活発だった男性ホルモンは、生後半年を過ぎると思春期までそのレベルは女性と同じになります。
思春期に入ると再び男性ホルモンが活発になり、陰毛、声変わり、睾丸や陰茎の発育などの男性の二次性徴が起こるのです。
posted by 男性ホルモン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

胎児から生後半年

男性ホルモンは、胎児として母親の胎内にいる頃からすでに活発に活動しています。
妊娠6週目から24週目に掛けて、生後2週間から6ヶ月にかけて男性ホルモンが活発になります。
陰茎や男性外生殖器の形成、脳の性差、発達に影響を与えるといわれています。
posted by 男性ホルモン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

男性ホルモンとは

男性ホルモンは、アンドロゲンとも呼ばれています。
男性特有の加太ら付や思考回路を発育させるホルモンです。
睾丸(精巣)や腎臓で作られています。

テストロン、アンドロステネジオン、デヒドロエビアンドロステロンを含んでいます。
posted by 男性ホルモン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。